東洋針灸療法院に寄せられた患者さまのお喜びの声をご紹介します。

 呼吸器疾患

もともと喘息もちの私でしたが、ある日息苦しくなり、深呼吸をしても思いっきり息が吸えない状態に陥りました。また喘息かなと思いましたが、友達からの紹介で松本先生のところに伺いました。松本先生は、私の話を親身に聞いてくれ、「ここが硬くなっているからだよ」と説明をしてくれ、針治療をしていただきました。治療後、びっくりするぐらい楽になり、思いっきり息を吸うことが出来ました。今でも予防の為に、松本先生のもとへ通っています。





 急性膝痛

ドジなことに自転車で転んで、右膝を打って曲がらなくなってしまったんです。どうしたらいいかわからなくなって、以前からお世話になっていた松本先生に電話すると、「治してあげる」と心強い言葉をいただいたので、その足で向かいました。すると本当にその日で膝を曲げてもあまり痛くない状態までになり、2回目でほぼ完治。3回目は念の為に受けました。先生の針は本当にすごいと思いました。







 坐骨神経痛

お尻から足にかけてのしびれというか痛みというか、その状態が何年と続いていた。それがだんだんひどくなり、夜も寝られない状態になった。たまらなくなり行きつけの針灸院に電話したところ、「うちでは難しい」と断られてしまった。悩んでいたところ、たまたま東洋鍼灸療法院の看板が目に入り、尋ねてみることにした。針治療を実際に受けてみると、今まで受けてきた針とを全然違うことに驚かされた。その日の夜から痛みもなく、寝返りも楽になり、ぐっすりとねることが出来ました。今は近所の人やお友達に痛みで困っている人がいたら、松本先生のことを紹介しています。


 捻挫

高2の時、剣道の練習中に足をくじいてしまった。足がパンパンに膨れあがっていたので、親に電話で相談したら、松本先生のところへ行けと言われたので行ってみた。松本先生は、かなり腫れ上がった足をみて、「念の為にレントゲンをとってもらってきて、骨に異常がなければ治してあげる」と、言ってくれた。レントゲンの結果、骨には異常がなく、包帯でぐるぐる巻きにされ、松葉杖を渡された。もう一度、松本先生のところへ行き、針治療をしてもらうと、松葉杖なしで帰ることが出来た。次の日の2回目の治療で、痛みはほぼなくなりました。本当にすごいと思った。



 五十肩(石灰化)

右肩が寝ていてうずき目がさめてしまい、あげくには人とすれ違う振動だけでも、痛みがひどくなるまでになりました。さすがにまずいと思い、病院でレントゲンをとってもらうと痛んでいる場所が白く写っており、先生に石灰化しているといわれました。病院だけではと思い、松本先生のところで治療してもらうことにしました。するとまず夜間痛がとれ、徐々に肩を動かす幅が広くなり、4ヵ月後にもう一度レントゲンをとってもらうと、白く写っていた場所がなくなっていました。松本先生を信じて針治療に通って本当によかった。

東京都 設楽様


 膝痛(慢性)

膝が悪く旅行に行くときは駅のトイレや汽車のトイレの時は古新聞をいつも持っていき新聞を広げて手をついて用を足していた。そうしていると主人から松本さんの所に行きなさいと言われて、針治療に通いました。すると今では正座も出来るようになり、階段の昇り降りも楽に出来るようになり、年に2,3回夫婦旅行を楽しんでいます。

福岡市 石倉様 77歳

ページの先頭へ







症状別治療法の一例をご紹介します。あなたがお悩みの症状をクリックしてください。
メディア紹介
==>>詳しくはこちらから


学研 大丈夫に紹介されました


フリー誌ラフィーネさんに
紹介されました

HOME治療方針治療内容お問い合わせ患者様の声よくある質問アクセスメディア紹介疾患別治療例
院長経歴スタッフ紹介鍼灸普及活動鍼灸技術育成塾セミナー案内特集ブログ求人個人情報保護方針サイトマップ