腰痛 坐骨神経痛 循環器疾患 膝痛 捻挫 肩こり 呼吸器疾患
五十肩 むちうちメニエール病 スポーツ鍼灸 針ダイエット 美容鍼灸 禁煙


 ■ 腰痛
腰痛治療 特設ページを見る
ページの先頭へ

 ■ 坐骨神経痛
お尻から太もものうらがわ、ふくらはぎ、すね、足の裏、足先に一部または全部にしびれや痛みがありませんか?それは坐骨神経痛の症状です。坐骨神経は、腰から出る神経が集まり、人体最大の神経を形成して、お尻から足にかけて走行します。この神経がある原因により圧迫を受けると、坐骨神経痛の症状が出てきます。その原因として考えられるのが、腰の骨の問題(椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、等)と筋肉の問題(大腰筋、梨状筋、等)、その他の問題(糖尿病、等)に分けることができます。

筋肉の問題の場合
筋肉が硬くなると、神経を圧迫し、坐骨神経痛の症状が出てきます。その硬くなった筋肉はマッサージでは届きにくい場所にあります。その硬くなった筋肉に確実に針をあてる事で、筋肉がゆるみ、いわゆる締扼神経障害を取り除きます。
腰の骨の場合
椎間板ヘルニア等の器質的な変化は、変わりにくいのが現状です。しかし、坐骨神経痛においては、当院の独自の針麻酔術を使い、痛みをとる事ができます。
ページの先頭へ

 ■ 循環器疾患
ここ数年、食生活の変化やタバコなどの嗜好品・ストレス・運動不足などが原因で循環器疾患が増えているのが現状です。循環器疾患には脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)狭心症・動脈硬化・心筋梗塞・高血圧・不整脈などがあります。
そしてこれらの疾患が原因で動悸・息切れ・倦怠感・耳鳴りや肩凝り・頭痛・立ちくらみなど、さまざまな症状を引き起こすことがあります。
一度循環器疾患にかかってしまうと血流改善薬をずっと飲み続けないといけなかったり、常に食事に気を遣ったりと負担になることが増えます。
そのためにも普段から体を気遣うことが大事ですが、鍼灸治療で予防・治療することができます。
東洋針灸療法院の治療では凝り固まった筋肉をほぐし、全身すみずみまで血液がいきわたるように血液循環障害の改善をはかります。
また関係する経絡からアプローチすることにより、外と内から血流改善をはかります。
そのほかにも凝りをほぐすことにより血流が改善され疲労物質が溜まりにくくなる・血栓ができにくい状態を作ります。

<治験例> 脇山様 女性  67歳 心臓発作
最初の治療は、腰痛の治療で来院されました。2回目の治療の際に「脇山さん、心臓のツボの反応が強く出ていますが、何か変わったことはありませんか?」と伝えると、「実は毎日のように心臓の発作がでます。」とのことでした。 話を聞くと、旦那さんの看病が長く続き、最近になって毎日のように心臓発作が出るようになり、現在病院は九州大学の循環器科に通われているとのこと。それを聞き私は「よかったら、心臓を助ける治療もしましょう!」と伝えました。 治療開始から1ヵ月後、心臓発作は1週間に3日ぐらいは出ないようになり、2ヵ月過ぎには1週間に1回程度の発作になってきました。ある日脇山さんが「先日九大病院で診てもらった時、お医者さんから脇山さんだけこんなに早く薬が効くのはおかしい と言われけど、松本先生のことは言わなかったです」と言われました。その後も治療をを続け、心臓のツボの反応がなくなりました。そして私は「こんど九大病院にいった時、私のことを言ってもいいですよ」と伝えました。 後日、脇山さんが来院され「九大病院のお医者さんに松本先生の治療のことを伝えたら、それは針治療が効いてるよ。針治療でも効果がでるもんだなと驚いていました」と報告してくれました。その後も健康管理の為、定期的に来院しています。

ページの先頭へ

 ■ 膝痛
膝痛治療 特設ページを見る
ページの先頭へ

 ■ 捻挫
スポーツ等で手や足をくじくと、関節の可動域を超えて、関節がねじれ、関節
を固定する靭帯や関節包が痛んでしまいます。
当院では、痛んだ靭帯や関節包にアプローチをすることはもちろんのこと、
関節以外の部分もしっかり緩めることで、早期回復を目指します。
急を要する場合には、当院オリジナルの針麻酔などを用いて、痛みを除くこと
も出来ます。
しかしあせって十分な治療を怠ると、再発を繰り返したり、違和感をのこした
りすることもある為、しっかりと治療を受けることが必要です。
治験例
唐津市の中体連で、バレーボールの試合中に、エースアタッカーが捻挫しました。せっかくベスト4に残って、明日の決勝に勝てば県大会に行けるのにと悩んでいました。そうしたら、中学校の校長先生が松本先生なら何とかしてくれると思い、電話かけてきました。「とにかく診させてください」と伝えると、すぐに来てくれました。そして当院独自の捻挫治療を行うと、捻挫の痛みがなくなり、翌日の試合にフル出場し、優勝して県大会にいけました。
ページの先頭へ

 ■ 肩こり
肩こり治療 特設ページを見る

ページの先頭へ

 ■ 呼吸器疾患
呼吸器疾患にはいろいろなものがありますが、一般には気管支炎や喘息などがよく知られています。
呼吸器疾患は呼吸器が強いほうでなかったり、アレルギーや風邪のせいで起こることもあります。症状は胸が締め付けられるように感じたり、咳がずっと出て呼吸がしにくいなどがあります。
もちろんアレルギーや風邪といった根本の原因を治療することが原因ですが、症状が出てしまうと咳の影響などで背中や胸まわりの筋肉が緊張して締め付け感や呼吸がしにくいといった症状が取れにくくなります。
その結果、背中のハリ感や肩凝りなどを招く原因となるのでしっかりと周囲の緊張を取ることが重要となります。

※では症状が出たときしか効かないの?

そんなことはありません!
鍼灸治療をすることにより自然治癒力・免疫力が上がることがわかっています。
つまり鍼灸治療を行うと風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなり、気管支炎や喘息になりにくくなります。
また免疫力も上がるためアレルギー性鼻炎や花粉症にも効果があります。
風邪は万病の元とも言われます。
健康のためにも鍼灸治療をなさってみてはいかがでしょうか?

 喘息のときは、かならず首、肩、上背部と胸が締め付けられる様になります。その時、凝わった、筋肉に的確に針を刺し、凝りをほぐすことにより、病気を治すのです。
 医院長(当院独自の治療)で多数のかたから1回で変化を感じてもらっています。

ページの先頭へ

 ■ 五十肩
肩凝りとは、筋肉の収縮が持続することにより血行が悪くなっておこります。患者さんの表現には、「こり」「はり」「つっぱり」「刺される感じ」などがあります。この表現通り頭と首の付け根から背中にかけての痛みやこわばりのような不快感が生じます。
肩凝りの原因
1.長時間の同一姿勢
2.頸椎椎間板ヘルニア
3.ストレス
4.歯のかみ合わせ
肩凝りの原因は日常的な疲労などが主な原因となることが多く、肩凝りの不快感はストレスを生みます。そのストレスが万病のもとになります。定期的な治療が快適な日常生活を送れる秘訣です。

ページの先頭へ

 ■ むちうち
頭部への直達外力、追突・正面衝突、急停車などによって起こります。むちうち症は、頚部の過伸展または過屈曲により頸椎周囲の軟部組織の損傷をおこします。そのため、頚部の疼痛、筋緊張、運動制限などが起こり、ときには上肢の症状を伴います。
受傷直後に頚部痛、頭重、悪心などの症状を起こすことが多く、その後しだいに頭痛、頸肩コリ感、上肢の痛み、しびれ、脱力感などが出現し、また、めまい、耳鳴り、吐気、眼精疲労などの多彩な症状が出現してきます。

ページの先頭へ

 ■ メニエール病
病態
メニエール病は、内リンパ水腫による三半規管と過牛の障害により、めまいと耳鳴りや難聴などの発作を繰り返す。内リンパ水腫は内リンパ液の産生と内リンパ嚢における内リンパ液の吸収の不均衡により生じると考えられている。
 激しいめまいの反復が特徴であり、一側性の難聴、耳鳴りと発作的めまいが三大特徴である。めまいは発作的、突発的で回転性のめまいがおこる。
 中枢神経症状が一切見られず、かつ原因が分かるめまいや難聴を主訴とする疾患が除外できるものがこの病気に相当する。
症状
 難聴(特に低音域が障害される)
 耳鳴り
 めまい(主に回転性、持続性)
 吐き気
 嘔吐
初期はめまいの発作時に耳の閉塞感や圧迫感など耳が詰まったような感じを受けるが、めまいを繰り返すうちに耳鳴りや難聴を伴うようになり、次第に症状が残るようになる。
鍼灸治療
 体全体を強めるツボに針をして、次に耳の病気を治すツボ【当院独自のツボ(特効穴、とくにメニエールに効果あるツボ)】をつかい効率よく短期間で治療効果をあげています
 1回の治療で効果がでる人は60%
 2回の治療で効果がでる人は20%
 3回から5回で効果が出る人は10%
 6回から10回で効果が出る人5%
  その他5%

ページの先頭へ

 ■ スポーツ針灸
近年、体に気を遣い散歩やジョギング・ジムトレーニング・ゴルフなどスポーツをされる方が増えてきました。また部活動やサークルで野球やサッカー・バスケットボール・テニスなどスポーツを頑張っている学生も多く見られます。
スポーツを楽しんだり、体に気を遣いスポーツをされているのにスポーツ後のケアが不十分で疲労物質が体に溜まり筋が固くなって痛みが出たり、スポーツ中の怪我で体を痛めてしまうこともあります。
その他にもパフォーマンスの向上をしたいがどんなことをしたらいいのかわからないといった方もいらっしゃいます。
東洋鍼灸療法院の鍼治療は痛みが出ている筋肉だけでなく周囲の筋肉や関係する経絡にも鍼刺激を行い、凝り固まった筋肉を元の状態に戻し、血行を良くして疲労物質が溜まらない体を作ります。
またスポーツ中の骨折も鍼治療を行うと、整形外科で固定するだけの治療と比べて血流量が良くなるため治るスピードも速くなります。
捻挫・打ち身に対しては独自で考案した方法で治療を行っております。
パフォーマンス向上に関しても、全身の筋肉をほぐしてバランスをとることにより怪我をしにくい体を作ります。
また知識を持った鍼灸師がストレッチなどのアドバイスをさせていただきます。
体のためにも運動だけでなく、鍼治療をなさってみてはいかがでしょうか?

主な病名:インピンジメント症候群・テニス肘・野球肘・オスグッド病・ジャンパー膝・ランナー膝・シンスプリント・足底筋膜炎 等
ページの先頭へ

 ■ 針ダイエット
1 太る原因、
 @ 食べたカロリーと使うカロリーの差が体にたまって肥満、
 A 体をひやす、冷えの体質にもっていったら太る
 B 骨盤が広がるとふとる、
 C 卵巣ホルモン、と副腎皮質ホルモンの働きがわるくなったら太る。
2 やせるメカニズム
  やせるためには、副腎皮質ホルモンを刺激、活性化して分泌させれば良いのですが、そこで必要となるのがカフェインシトラス、ビオチン、パントテン酸などをはじめとする成分です。これらの成分が体内に入ることで副腎皮質ホルモンが刺激され、食物中のカロリーを燃焼し、体内の不要な老廃物を廃出します。ようするにダイエット効果に優れた成分と言えるでしょう。
 @ カフェインシトラス、
   脂肪燃焼、アドレナリンの分泌を促進
 A ビオチン、ビタミンB群
   脂肪分解リパーゼを刺激、活性化
 B パントテン酸
   より多くの体脂肪を一気に分解
 C クエン酸
   ハイスピードで燃焼エネルギーとして体外放出。
当院の耳針は、食欲をおさえ、摂取カロリーを減らすと同時に、副腎皮質ホルモンの分泌を高めホルモンのバランスを良くして痩せていきます。又 気になる部分に針刺激をし、冷えて固まった脂肪を柔らかく、より燃焼しやすくして理想の体型になってもらいます。
3 やせる事によっていいこと
  成人病、メタボの予防、便秘、腰痛、肌荒れ、血圧が落ち着く、

ページの先頭へ

 ■ 美容鍼灸

「どんな高級化粧品より効果的」として 全世界的に支持されています。WHOでも副作用のない安全な鍼灸治療の効果は正式に認められており ハリウッドでも大人気の美容鍼灸 
ですが 注目されるきっかけとなった理由は、シワ、シミ、たるみ、乾燥肌等の解消もしくは進行が最小限に抑えられるということによるものです。


その効果
表情筋は弾力を取り戻し、笑顔がステキになります。
筋肉まで働きかけ、肌を活性化させることにより、ハリやツヤに最も効果的です。
施術を継続することにより実年齢より若返って見える。
肌の表面のキメを整え、美容液をしっかりと深部まで送り、なお化粧のりも良くなります。
美容液を肌の真皮層まで浸透させる働きがあります。
むくみやたるみを引き上げてお肌の形成をしていきます。
肌の活性化させることにより、ハリやツヤに最も効果的です。

 皮膚の美しさに最も大事なものは、それは、【血液、リンパ循環】です。
血液、リンパの流れによって、肌に必要な栄養分は運ばれます。たまった老廃物を運び去るのもこのながれです。循環が良いことが肌の新陳代謝をスムーズにし、真皮にあるコラーゲンやエラスチンへの循環を良くして、皮膚のはりと弾力を保ちます。ターンオーバーも円滑にするのです。
 シワは、筋肉の方向と直角に生じる性質があり、ほかの筋肉と同様、表情筋も使わないとどんどん衰え、収縮したまま元に戻らずシワの原因になり、筋肉の上にある皮下脂肪を支えきれず、たるみの原因にもなります。 刺激された筋肉が針を抜かれた瞬間、弛緩された筋肉が固まり、顔の筋力が引き上げられる状態になります。【ひきしまる】
 30万人以上の豊富な針灸治療のキャリアと技術には遠方から来院される方も多く、院長先生の美容針灸にも、顔の病気、顔面神経痛等を治すツボを使うから、効果も増大です。
顔の表皮、真皮、皮下組織から筋肉にまで刺激お与え、シワ、シミ、たるみむくみ、美肌に高い効果があります。 使用するハリは、すべてディスポーザブル(使い捨て)です。
 東洋鍼灸療法院の美容針は女性の見方です。

ページの先頭へ

 ■ 禁煙
たばこをやめる針、は中国、上海軍医病院にて、喘息の患者さんに、耳のツボに針を刺して、治療をしていたところ、患者さんから「タバコが苦くて、おいしくない」生まれて初めてたばこを吸った時の味みたいだ、ならば、タバコを止めたがいい人に、試してみると思ったより苦痛なく止められる人が多かった。300人以上の人にためして85%以上のひとが禁煙に成功できた。
 鍼治療
 耳のツボに小さい針を刺して1週間に1回します。
ページの先頭へ

 ■ 脳梗塞後遺症
 脳卒中後遺症による片麻痺は、通常発症後6カ月以内でどれだけ回復ができるかで予後が変わるといわれています。しかし、当院は発症後数年すぎた患者さんでも、伸びなかった腕が伸びるようになったり、いわゆる分回し歩行が、通常歩行ができるようになったりと結果が出ています。そのため、九州をはじめ、中国・関西・関東からも患者さんが来院されています。
当院の治療法は、神経は中枢から抹消までしっかりアプローチをかけ、筋肉は、体全体のの状態を見極め、しっかりとほぐしていきます。
お悩みの方は、一度御相談下さい。
ページの先頭へ

 






症状別治療法の一例をご紹介します。あなたがお悩みの症状をクリックしてください。
メディア紹介
==>>詳しくはこちらから


学研 大丈夫に紹介されました


フリー誌ラフィーネさんに
紹介されました

HOME治療方針治療内容お問い合わせ患者様の声よくある質問アクセスメディア紹介疾患別治療例
院長経歴スタッフ紹介鍼灸普及活動鍼灸技術育成塾セミナー案内特集ブログ求人個人情報保護方針サイトマップ